法被と刺子織道着の手提げバッグ - 古布工房 小手毬

バッグ 古布でつくる 日常 楽しみ

法被と刺子織道着の手提げバッグ

更新日:

 

秋になると,茶系の色を入れたくなります

茶系の法被の腰柄には古典的な和柄の吉原。

刺子織の凸凹ラインと,うしろの束熨斗も いい感じ。

秋らしくできたかな

 

作品をイメージするとき,やはり季節は意識しますね

春は,若葉色など明るく柔らかな色を

夏は,浴衣地などで涼しげな白っぽい色を

秋は,シックに茶系の色を

冬は,紬などの絹で渋めに

だからといって,その季節しか使えないということもありません

あとで,このバッグ,きっと秋に作ったんだろうな,と思い起こすのも 楽しみ。

 

NHKEテレの「あしたも晴れ!人生レシピ」,よく観ます

先日のゲストは,片岡鶴太郎さん。

プロボクサー,俳優,画家,書家,ヨギーなど

目指すものが決まったら飽くなき挑戦を続け

しかも それをプロの域まで究めるなど 多彩な人生を歩んでいる方ですが

達成するために毎日毎日反復する話とか,瞑想を始めたきっかけなど

とても興味深くておもしろく,ついつい聞き入ってしまいました ^^

 

 

オンラインショップ,更新しました

よかったら,ご覧ください

-バッグ, 古布でつくる, 日常, 楽しみ

Copyright© 古布工房 小手毬 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.