ゆかしバッグ - 古布工房 小手毬

バッグ 古布でつくる 日常

ゆかしバッグ

更新日:

katasode バッグ

 

着物生地でバッグを作るとき、私は、とりあえず袖からほどきますが、
その片袖だけでも、シンプルなバッグが作れます。
片袖で作ったバッグは、グラフィック社の「和布のやさしい小物」にも
掲載していただきました

 

「袖」を、古語辞典で調べてみました^^

袖返す
袖を裏返しにして寝ると、思う人を夢に見ると信じられた。

袖続ぐ(つぐ)
袖を交わす、袖を並べて寝る、の意か。

袖にしぐる
袖に涙がおちる。

袖に墨つく
人に恋い慕われるきざしであるという。

袖の別れ
男女がたがいに交わした袖を解き放して別れること。

 

うーん、 「袖」という字が入った言葉は 奥ゆかしいですね^^

 

では、「奥ゆかし」とは、
「奥」に形容詞「ゆかし」のついた語。
ものごとの奥に隠れているものに心ひかれる感じ。

だそうです。

で、「ゆかし」まで調べてみると
「行く」の形容詞化。心が対象物に向かって強くひかれる感じ。

 

知らなかった…

 

そこで
「KATASODEバッグ」は、またの名を
「ゆかしバッグ」と名付けました^^

あの方への思いを胸に
このバッグを連れてみては いかがでしょう (^^♪

 

 

お子様バッグ

絵柄があまりにかわいかったので
作ってみました

古布は使ってません

 

 

-バッグ, 古布でつくる, 日常

Copyright© 古布工房 小手毬 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.